トイレのつまりはいつ起こるか分からない!

Headline

トイレのつまりに便利なラバーカップの正しい使い方とは

トイレのつまりの大きな味方であるのがラバーカップです。お家に一つあると少し安心させてくれる代物です。ラバーカップとはゴム製の半球型のお椀のようなものに棒がついており、圧をかけてパイプの詰まりを押し戻し、詰まりの原因を解決するものです。すっぽんという名前でも知られています。
ラバーカップを使ってもうまくトイレのつまりを改善できないという場合、もしかしたら「お持ちのラバーカップの形状がトイレに合っていない」か「使い方が間違っている」かもしれません。今では少なくなった和式タイプのトイレと洋式タイプのトイレではすっぽんも形が異なるのはご存知でしたか。和式タイプは半球型で洗面台など幅広く使えて便利ですが、洋式トイレにこれを使うと幅が広すぎて隙間ができてしまい、真空状態を作ることが出来ません。
そこで様式タイプは半球型の下に口すぼみの突起がついています。間違わないように注意が必要です。正しいサイズを使っているのにうまくいかない場合は、使用方法を確認しましょう。まず灯油ポンプなどを使い便器内の水位を下げます。すっぽんの半球部分が半分ほど出るくらいまで水を減らします。突起部分を便器の排水溝にぴったり押し当て、真空状態にしてゆっくり押し、素早く引きます。諦めず数十回繰り返します。隙間があると真空状態にならず圧が足りなくなるので要注意です。早期解決してくれる専門業者に依頼することを一番おすすめします。

トイレがつまり困った時にはどうしたら良いか

いつも通りにトイレを使って水を流そう思ったら水が流れるどころか詰まってしまったり、水の高さがどんどん上まで上がってしまう困った現象が起こることがあります。いわゆる、トイレのつまりです。原因は色々とありますが主にペーパーが関係しています。
たとえば一度に沢山のペーパーを流してしまったりお掃除用の流せるタイプのペーパーでも沢山の枚数を一度に長そうとするとトイレのつまりの原因になります。あとはティッシュペーパーなどの水に溶けいにくい紙を流してしまった時にも詰まりやすくなります。見た目では全く分からなくても奥の方で詰まっている場合、ふとした事が引金になってトイレの詰まりが悪化して水が流れなくなってしまいます。
通常は、トイレが詰まってしまったらスッポンで圧力をかけて吸い上げることが多いですが、それをやっても全く状態が変わらなかったり周りに飛んだりして汚してしまったりと悪循環なことも多いです。そんな、トイレのつまりには業務に依頼をするのが一番安心です。今は沢山の業者がありますが365日24時間対応してくれる所がほとんどです。素人には限界がありますし状況にあせって間違った作業をしてしまうこともあります。トイレのつまりには専門業者に修理を依頼するのが安心です。

Sub menu

2018年06月21日
トイレのつまりの原因についてを更新。
2018年06月21日
トイレのつまりで困った際は専門業者を更新。
2018年06月21日
トイレのつまりは放置NG!を更新。
2018年06月21日
焦らず対応するのが重要なトイレのつまりを更新。
ページトップへ